看板の点検

看板のなぞ

看板を点検する時の本当の重要な内容とは

看板の点検とは、上部に設置されている場合は落下をしない様に安全目の確認、若しくは、汚れなどが挙げられます。
これは基本中の基本であり、汚れなどは、運営している人の資質を問われる事もあります。
看板の点検とは、それのみで終わらせてはいけません。
時代に合っているのか、効果を高める別の内容などについても考える事が大切です。
特に、景気によってその効果は大きく左右される物であり、景気が良い時代の内容は、興奮を呼び起こす内容が最適な場合もありますが、不景気の場合は、不景気によって生じるストレスを緩和させる内容が望ましい場合もあります。
デザインなどは、店舗を現す内容のため、変化を起こさせる内容は望ましい物ではありませんが、配色を多少変える事によって雰囲気を大きく変える事も可能です。
看板の点検によって、分析を行い変える内容が現れた場合は、季節の変わり目に入る半月前から行う事が望ましく、その理由は、季節が訪れる前にその季節の雰囲気によって起きる変化を早く体感したいと言う人達が多くいるためです。

看板の点検と修理は行うべきか

店主などが集客効果を期待して看板を取り付けますが、その後点検もせずに放置という方法は危険とされています。
放置して数年経過しますと、ポールの鉄が腐敗することや下の部分に雨水がたまってしまているなどの状況で倒壊や火災が起こることもあります。
また、看板を取り付ける目的である集客効果にも影響を及ぼします。
例えば、電気がつかなくなった場合や表示面に書かれている文字が色あせてしまった場合には、店自体は優れているかもしれませんが、人が寄り付きにくくなり集客効果は激減します。
そのため、点検を1年に1回は行っておいた方が安心です。
もし、事故などが起きてしまった場合には取り返しがつかなくなり、店自体を閉めなくてはいけない状況に追い込まれてしまいます。
点検方法は業者に依頼するのが最も良く、自分で看板を破損などをさせてしまった場合には修理費が高くなります。
修理の方法は、さび落としや電球の交換、色あせている場合にはペンキで塗り直しなどが行われます。

Last update:2015/7/30


『看板 点検』 最新ツイート

@ChidoriSign

トラブルが起こりやすい季節です、事前点検を含め、この機会に 安全対策の見直しはいかがでしょう? 早めの処置はコストダウンにもつながります。 ちどり工房では各種看板の補修ならびに補強などにも対応しております。 お気軽にお問合せ下さい。

3時間前 - 2020年03月31日


@kaeru_chang

【蛙⬇︎=大雨の際、特に水がたまりやすい場所】線路脇に設置されている看板。多量の降雨の際、線路保守担当者が点検重点箇所を確認しやすいように設置したもの。カエルさんのお墓ではありません。 https://t.co/Thbfo4zHmL

17時間前 - 2020年03月31日


@nero_SL

「コロナ蔓延して工場や市場が止まっても、道路の補修や標識の点検、看板の交換、電気工事、水道工事、ガス工事にエトセトラ…。現場が止まらない限り、警備に休みは無い!週末の外出自粛でも、平日出勤の人達のために工事。施設が休みでも、自宅待機の人達のために工事!外仕事は止まらねぇ!」

22時間前 - 2020年03月31日