看板の作成

看板のなぞ

看板で商売繁盛はあり得る話です

看板なんて、道を通る人が何屋か分かれば良いだけだ、と経営者や店主が言っているようなものもあります。
確かに、人気のラーメン屋さんなどで、探すのに苦労するお店もありますし、入口に店名だけで何屋かわからないお店もあります。
しかし、看板はその会社やお店の顔となるもので、存在を第三者に表明する広告塔でもあります。
どのような表現を行っても、それが顔となるので商売の姿勢を見せていることになります。
例えば、洋食屋さんでスパゲティーを大きく描いてあれば一目で食べ物屋とわかりますし、その絵の表現方法で入ってみようと思うかどうかは、大いに関係してくるものなのです。
スパゲティーの太さや色合い、種類をミートソースにするか、ペペロンチーノを描くかで繁盛店になるかどうかは影響してくるのです。
食べ物であれば、何を描いても良いというものではありません。
特に、飲食業のようにお客の商圏が近隣であればあるほど、そのエリアの情報を的確に把握していなければ題材が決まらないものです。
若い人が多い街、共稼ぎではなく専業主婦が多い街、それとも高齢者の街なのかで表現する内容は変わってくるのは当然です。
このように、看板で商売繁盛はあり得る話なのです。

理解させやすい看板の作り方

店舗などの看板のデザインを作る際には、まず色の組み合わせどうすれば、お客を呼び込めるのか、または入店したくなることを考えると思います。
またじっくり見てもらう物ではないので、イメージとしては、通りすがりに分かりやすさが求められるのではないでしょうか。
設置する場合には、見た目は問題なく読めたとしても、それを通りすがりにしっかりと文字を読めるのかがポイントにもなります。
交通量が多い道路では、たくさんの方が通るわけですが、速度40から50キロと考えると車から文字を見た場合に読めるかといえば難しい部分もあります。
看板に求められることは、簡潔さはもちろんのことですが、その一瞬で、そしてジッと見てもらえるようなイメージが大切ということが分かってきましたが、まずその部分を集中して見てもらえるには、例えば黒の中に白があれば意識がそこに集中することにもなります。
また第一の考え方としてあるのが、何のお店なのかということが理解されることが大切です。
読ませるコツとしてキャッチーな言葉と、端的にそして分かりやすい文であることが大事です。
下手に長い文章だと、一瞬の間には、やはり読まれないものなので、重要なのは、短く理解させる看板がよいでしょう。



check



業務代行の依頼を引き受けます


業務代行を依頼する



2020/7/2 更新

『看板』 最新ツイート

@syaurii

@McDonaldsJapan #わたしのミニオン愛はミリオン級 子供がマックの看板を見るとマック!ハッピーセット!って言って行きたいアピールしてきます😆 ハッピーセットのおもちゃはを渡すとすごく気にいってくれます💕✨

13秒前 - 2020年07月13日


@osiris_c_bot

真琴:廊下で派手に転んだ進さんが、「雨のため滑りやすくなっています」というような看板を見つけたからか「いくら何でもツルツル過ぎだ!これツルツルすぎるだろ!この!ツルツル!」と言って床を蹴ったらまた転んだので僕もこれ以上は無理です。それはズルい

27秒前 - 2020年07月13日


@lunamyon

んん…?午後6時半の貸し切りの看板が出てたのが昨日…? これ時系列に沿っていくなら沖浦がもう死んでるはずのタイミングだよな…? #AIソムニウムファイル

49秒前 - 2020年07月13日